ラプターズ 対 バックス。 バックス戦を控え、ラプターズ指揮官は「見ていると退屈」

バックス戦を控え、ラプターズ指揮官は「見ていると退屈」

バックス ラプターズ 対 バックス ラプターズ 対

☝ NBAラプターズの渡辺雄太(26)が27日、準本拠となっているタンパ(フロリダ州)で行われたバックス戦に途中出場。

クリスマスゲーム全5試合の見どころ、必見選手、5つの注目スタッツ

バックス ラプターズ 対 バックス ラプターズ 対

😜 2季連続でシーズンMVPとなったヤニス・アデトクンボ(26)は24得点、18リバウンド、9アシスト、クリス・ミドルトン(29)も24得点をマークして勝利に貢献した。 試合は終盤まで両者譲らない展開となったが、のレイアップとミドルトンのフリースローで突き放され、108-115でラプターズは敗れた。

ラプターズの渡辺がバックス戦で5得点と自己最多に並ぶ7リバウンド チームは連敗― スポニチ Sponichi Annex スポーツ

バックス ラプターズ 対 バックス ラプターズ 対

⚑ 試合はバックスが9点リードで前半を終えたが、第3クォーターにラプターズが点差を1に縮める接戦に。 2年連続MVP受賞を視野に入れる絶対的エースのヤニス・アデトクンボを中心に、クリス・ミドルトン、ブルック・ロペスなどのシュート力に優れた選手がその脇を固め、今季リーグ最多の平均得点(118. バックスの強さがNBAを退屈にしていると感じるのであれば、ナースHC率いるラプターズは熱狂的な試合を見せてくれるのか、期待しましょう。

15

【イースタン・カンファレンス・セミファイナル展望】バックス対セルティックス、ラプターズ対76ersの2シリーズの注目ポイント

バックス ラプターズ 対 バックス ラプターズ 対

🤝 6)は歴代8位タイ。 そうしたなかで、同クォーター残り2分50秒、タイムアウト後にとの交代ではコートに立った。

16

クリスマスゲーム全5試合の見どころ、必見選手、5つの注目スタッツ

バックス ラプターズ 対 バックス ラプターズ 対

⚡ ・前の試合でブルック・ロペスが2017-18シーズン以来の30点超え(34点)を記録。 0秒の場面、ノーマン・パウエルへピックをかけて彼が左ドライブを仕掛けると右ウイングへとポップアウトし、パスを受け取ってそのまま3ポイントをヒット。 勝利したという事実だけであれば、バックスにとって良い夜だったと言えるでしょう。

9

【イースタン・カンファレンス・セミファイナル展望】バックス対セルティックス、ラプターズ対76ersの2シリーズの注目ポイント

バックス ラプターズ 対 バックス ラプターズ 対

🌭 なお、「NBA Rakuten」の日本語配信では、 塚本清彦さんが解説、三橋泰介さんが実況を務める。 でも、みんながステップアップしていたと思うよ。 そして『CBS Sports』のジェームス・ハーバート記者によれば、ラプターズのニック・ナース・ヘッドコーチは、バックスについてあまり良い印象を抱いていないことを明かしました。

15

ミルウォーキーバックス V/S トロントラプターズ

バックス ラプターズ 対 バックス ラプターズ 対

🍀 ラプターズはパウエルがゲームハイの26点、5リバウンド、2スティール、カイル・ラウリーが21点、6リバウンドを記録。

8

ラプターズの渡辺がバックス戦で5得点と自己最多に並ぶ7リバウンド チームは連敗― スポニチ Sponichi Annex スポーツ

バックス ラプターズ 対 バックス ラプターズ 対

🐾 だから、(我々にとっては)挑戦となるだろう」 次の試合はラプターズのホームで行われ、ラプターズはホームでの直近18試合で17試合に勝利していますが、バックスに分があると考えられています。

11