タイソン ダグラス。 タイソンvsダグラスから30年。「あれはロングカウントではなかった」。レフェリーが明かす疑惑の真実(三浦勝夫)

タイソンに対戦オファー続々 今度は〝世紀の番狂わせ〟ジェームス・ダグラス氏が名乗り (2020年12月2日)

ダグラス タイソン ダグラス タイソン

⌚ 10回、ダグラスがKO勝ちすると、ホリフィールドが再びこちらを向いたが、記者と同じように口をあんぐり開けていた。 タイソンの2度目となる日本での防衛戦。

13

【1990年2月11日】無敵タイソンがKO負け「ボクシング史上最大の番狂わせ」(スポーツ報知)

ダグラス タイソン ダグラス タイソン

🖐 タイソンの2度目となる日本での防衛戦。 回を追うごとにダグラスのパンチはスピードに乗り、的確にタイソンの顔面をとらえた。 ジェームス・ダグラス 基本情報 本名 ジェームス・ダグラス 通称 バスター(Buster) 階級 身長 192cm リーチ 211cm 国籍 誕生日 1960-04-07 (60歳) 出身地 スタイル プロボクシング戦績 総試合数 46 勝ち 38 KO勝ち 25 敗け 6 引き分け 1 無効試合 1 ジェームス・ダグラス( James Douglas、 - )は、の。

17

タイソンに勝った時のダグラスはラリー・ホームズのようなボクシングをやって...

ダグラス タイソン ダグラス タイソン

📞 180センチ、100キロのタイソンより11センチ、5キロと体格で上回る挑戦者は速いジャブを突き、序盤から積極的に攻撃を仕掛けた。

18

「タイソン、ダウン!」世紀の大番狂わせの“真相”:イザ!

ダグラス タイソン ダグラス タイソン

✋ 王者は8回残り5秒、右アッパーでダウンを奪ったものの、レフェリーはタイムキーパーが「4」を告げた時から数え始めてしまった。 試合の26日前に日本に来たのは、時差調整などの意味合いもあったが、体調を万全に仕上げるのが目的だった…はず。 テニス [2月15日 16:25]• これに加えアルコール依存症となり、糖尿病を併発。

タイソンvsダグラスから30年。「あれはロングカウントではなかった」。レフェリーが明かす疑惑の真実(三浦勝夫)

ダグラス タイソン ダグラス タイソン

🐝 不本意ながらボクシング界から決別したメイラン氏はリーバイス、リーといったジーンズの販売で成功し、今は家族とともに悠々自適の暮らしをしている。

7

【1990年2月11日】無敵タイソンがKO負け「ボクシング史上最大の番狂わせ」

ダグラス タイソン ダグラス タイソン

😝 一方で、練習後にハイテンションな姿を見せた日もあった。 ウエルカムの雰囲気を感じたが、残念ながら片言の英語しか話せない。 タイソン陣営は試合後、8回のロングカウントを抗議し、WBAとWBCが結論を持ち越したが、後に裁定通りの結果が認められた。

9

【1990年2月11日】無敵タイソンがKO負け「ボクシング史上最大の番狂わせ」(スポーツ報知)

ダグラス タイソン ダグラス タイソン

⚛ もちろんカウントはそのまま続行されるからロスはない。 1988年3月21日の、最初の来日戦では、元WBA王者トニー・タッブス(米国)に2回KO勝ち。 打ち合ったら負けるのはわかっていますから、自分の間合いで連打が出ているうちは打ちますが、タイソンの間合いに入った途端抱き付きにいく。

7