フォード カプリ。 フォード カプリ (MkⅢ 1978

フォード・カプリ3.0S 英国ツーリングカーの英雄、ゴードン・スパイスとの再会 前編

カプリ フォード カプリ フォード

⚓ 日本でも1988年より輸入開始、本国ほどではありませんでしたが「アメ車」に憧れを持つユーザーを引き付けることに成功し、ロングセラーモデルとして君臨し続けました。

6

シボレー・カプリス

カプリ フォード カプリ フォード

⚒ 機構的には既存フォード各車からの流用が多い。

フォード・カプリとは

カプリ フォード カプリ フォード

💕 当時のにもディーラーの・等から主に英国製の1600GTや2000GTが多数輸入され、1970年代初頭には最多販売の英国車となったほどで、その後の日本製スポーティーカーのデザインにも大きな影響を与えた。 0Sの現在のオーナー。 分離されていた搭乗室と荷室を単房として3ドアに改めると同時にサイズがやや拡大された。

10

フォード、日本市場撤退…!いま振り返りたい、日本で愛されたアノ名車たち

カプリ フォード カプリ フォード

🤟 1970年に始まった対米輸出車は「フェデラル・カプリ」と呼ばれ、丸型ヘッドライトや大型バンパーが特徴で、用の直4・2,000ccか英国製1,600ccが搭載された。 クラシックカーイベントでの展示や、クラブ主導の部品調達・情報交換など、現在でも積極的に活動を続けています。 機構的には既存フォード各車からの流用が多い。

1970年代欧州スペシャリティカーの雄、フォード・カプリ!優美な外観の武闘派クーペ

カプリ フォード カプリ フォード

👊 そのヒストリック・ツーリングカー・チャレンジ・レースで優勝したカプリには、その日限りのゴードン・スパイス・トロフィという特別な賞が与えられた。 言い訳みたいなものです」 と振り返るスパイス。 オートラマの看板車として据えられ、初代はキャンバストップや商用バン、スポーツモデル、セダンなど多彩なラインナップが魅力でした。

15

フォード・カプリ

カプリ フォード カプリ フォード

🤚 16歳の時です。 角型四灯式ヘッドライトを与えられたのが外観上の特徴である。 このエクステリアは年を追うごとにアメリカナイズされ、ワイルドさが増していきました。

8