引き合い に 出す。 「引き合いに出す」の意味と使い方!類語や英語表現を解説!

「引き合い」の意味とは?使い方や例文

に 出す 引き合い に 出す 引き合い

✋ 最後に 以上、「引き合い」という言葉の意味や使い方などについて紹介してきました。 営業トークの中でなにかを挙げる場面では、その「引き合い」は「事例」ということになります。 買い手は購入の諸条件について問い合わせをしているだけで、売買取引は行われていません。

2

「引き合い」の意味と使い方・例文・条件・類語|ビジネス/営業

に 出す 引き合い に 出す 引き合い

🚀 これは案件について問い合わせが来ていることを表します。 例えば、商品の売り手が「引き合い」を受けた場合、買い手から条件について問い合わせがあったことを意味します。 この場合は例を出すという意味で「引き合いに出す」のように表現することができます。

知り合いや友人を引き合いに出して、競い合う人。

に 出す 引き合い に 出す 引き合い

🤫 仲を取り持つ ビジネスシーンで仲を取り持つという場面は、会社と会社の間を取り持つこと、個人間で仲を取り持つことなど、さまざまなケースがあり、これらの場合に「引き合い」が使用されます。 「引き合い」とは元来はそのままの意味で、引き合うことを指します。

15

「引き合いに出す」とは?意味・ビジネスシーンでの使い方・例文・類語・英語表現を徹底解説!

に 出す 引き合い に 出す 引き合い

😒 その中で注目したいのは「引き合い」です。

営業でよく使う「引き合い」の意味と正しい使い方とは?英語表現も解説

に 出す 引き合い に 出す 引き合い

☎ しっかりと「引き合い」の意味を理解しておくと、仕事がスムーズに進むことでしょう。 本年もスタッフ一同頑張ってまいります• 対応する動詞を付けて使用する 「引き合い」は名詞ですので、比較の時や条件を出す時には「引き合いに出す」、ビジネスシーンでの最初の取引依頼が来た時には「引き合いが来る、受ける」など、対応する動詞と一緒に使用します。

15

営業などで使われている「引き合い」の意味と使い方

に 出す 引き合い に 出す 引き合い

👀 ということは、「引き合い」の類義語は元々の意味としての言葉を代わりに使えばいいだけの話です。 この場合の「引き合い」は主に営業で使用されます。